ブログ

ブログ詳細

結果を生み出していない行動を捨てる!?


こんばんは

Mbridgeです。

 

少しご無沙汰している間にめっきり涼しくなりましたね。

このまま秋到来でしょうか・・・

そして、3日前にPCを水没させ現在、点検&洗浄中。

無事に戻って来てくれることを祈ります。

 

 

ところで今日は、All  Aboutの記事より

 

結果を生み出す80対20の法則~恋愛編~

 

allabout.co.jp/gm/gc/457670/

 

「パレートの法則」を理解する

イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートの発見した『パレートの法則』をご存知ですか?
これは、仕事の結果の80%は費やした時間の20%が生み出す、別名『80:20の法則』として知られています。つまり、成功のカギとなる行動の80%は結果に結びついておらず、たった20%が結果や成功の大部分80%に強く影響しているということです。

 

みなさんは、「パレートの法則」をご存知でしたか

私はお恥ずかしながら、初めて聞きました

と言うわけで、この文章だけではちょっと難しいので調べてみました。

「パレートの法則」はこちらでご確認ください。)

 

パレートの法則によると、原因の20%が結果の80%を握っている。 問題解決では、すべての原因を潰そうとせず、上位20%の 原因を潰せば、問題の80%が解決することを示している。

 

なんだそうですよ。

ようは婚カツが上手くいかない原因の上位20%を解決すれば、上手くいくということになるのでしょうか

 

 

よくある周りの友人の「恋人との馴れ初め」を思い出してみてください。
「いやぁ、じつはたまたま行ったお店で隣に座った人と意気投合して、それが今の彼女なんだ」。このような返答を聞いたことがあると思います。

もしかしたらその人は今まで、理想の恋人を見つけるためにたくさん努力をして来たのかもしれません。しかし、実際に恋人を見つけた「きっかけ」となったのは、本当に「少しの行動」でしかないのです。

 

 

そう言われて見ると、弊社の婚カツパーティーでも誘われて半ば付き添い気分で参加された方が、結婚されたというケースもいくつかあります。

本当に、ここで言うたまたま・・・ですよね。

 

 

結果を生み出していない行動を捨てる!

前節の友人の例のように、大きな結果を得るためにフォーカスすべき行動は、それこそ20%程度のパワーで行動している時に手に入れられることが多いようです。

 

 

私は、行動することを決して否定しません。

行動することはしないことよりは全然いいからです。

ただ、結婚したいのに、結婚する気が無い人と一緒にいてもそのパワーは無駄だということが言えると思います。

そういう結果を生み出せない行動を切り捨てるということがここでいう”捨てる”という行動なのではないでしょうか

また、昔スピリチュアルカウンセラーの江原さんが、「日本海にしかいない魚をいつまでも太平洋で釣りをしているようなもの」と言っていたのを思い出しました。これこそが、結果を生み出さない行動と言えるのかもしれません。

婚カツを、恋愛を求めている人の中でするのと同じことなのではないでしょうか

 

 

まとめ:本当に必要な20%の行動にフォーカスする

欲しい結果を生み出してくれる20%の行動を取ることで、あなたの時間はこれまでよりもずいぶん節約されるでしょう。
つまり、少ない努力で、最大限の効果を得ることができれば、あなたのは最低限の行動で、最大限の結果に結びつけることができるのです。

 

 

最初のうちはどんな行動も無駄にはならないと思います。

多くの人が、そこから何が必要で必要でないかを学んでいくのではないでしょうか

世の中、効率を重視しますが、婚カツに関して言えば、効率が良いことが成功とも限りませんよね。

先日の山本耕二さんじゃありませんが、40通手紙を書き続け、やっと上手く行くということもあると思います。

もしかしたら、この手紙を書く行為というのが20%の行為なのかもしれませんが・・・(笑)

 

株式会社エム・ブリッジ

〒102-0085 東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル1F
電話 03-6821-9402
営業時間:火~金11:00〜20:00
土日・祝日 11:00〜18:00(祝日が月曜日の場合は、お休みとせていただきます)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/10xUn15
  • facebook
  • twitter
  • mixi