ブログ

ブログ詳細

確実な結果を求める男性と、希望の答えを出してもらおうとする女性!


こんにちは

Mbridgeです。

 

今日も良いお天気ですね~。

GW最終日に最適なお天気です。

明日からの通常勤務に自宅でゆっくりされている方も多いかもしれませんが

 

 

ところで今日は、Peachyより

 

戦国時代は男も占い好きだった!? 占い師さんに占いの歴史を聞いてみた。

 

news.livedoor.com/article/detail/11496893/

 

男性が女性を理解できない一つに「占い好き」というのがあると思います。

男性からしたら、「どうして、そんなものにはまるのか」と思う方も少なくありませんよね。

でも、どうやら昔は男性も占いが好きだった?いや、必要不可欠だった時代があったようですよ。

 

 

「昔は女性だけでなく、男性も占いを使っていました。もっとも占いが盛んだったと言われる戦国時代は、直江兼続や上杉謙信など、武将たちが戦のために占いを用いていたんですよ」

 そう教えてくれたのは、20年の歴を誇る占い師のnaomiさん。昔の男性は日常的に占いを利用していたということでしょうか?

 

 

そういえば、三国志の諸葛孔明も奇門遁甲と言う占いを戦に用いていたと言いますから、日本だけの話ではないと思います。

 

 

「そうですね。日本で占いが使われ始めたとされるのは、邪馬台国の時代。卑弥呼は、幼いころから持っていた超能力を使った占いで、政治を進めていました。『神の言葉』として崇められていたんです。現在の霊感占いは、この頃の占いがルーツと言われています。その後、平安時代に入り、貴族の間で人相や夢占い、筮竹(ぜいちく)や算木(ざんぎ)といった道具を使った占いが盛んになります。鎌倉時代には、九星気学や易学、墓相、剣相などが戦に用いられていたようです。当時は、占いの結果で出陣の日にちや時間、陣を組む方角を決めたそうです」(naomiさん)

 

 

そういえば、陰陽師で知られる安倍晴明も有名ですよね。

と考えると、むしろ男性の方が、占いや霊的なものに共感を示していたような気がします。

 

 

ところで、なぜ現代の男性は占いを敬遠しがちなんでしょう?

「武将たちの頃は、戦に勝たないと生きていけない時代でした。自分の勝利のため、占いを武器や戦略として活用していたんです。つまり、『勝つための道具』だったんです。ただ、現代の日本では死ぬ気で勝たないといけない対象はないですし、いわゆる草食男子が増えているように、男性たちの『絶対勝つ!』という意欲も薄れているため、占いが必要とされないんだと思います。あと、男性は現実的なので、占いを信じきれないのも大きな理由です。そういう意味では、統計学をもとにした九星気学なら男性も受け入れやすいと思います」(同)

 

 

なるほど・・・

「苦しい時の神頼み」ということわざがありますが、まさに、最後の最後で神にも縋る思いが昔の武将たちにはあったのかもしれません。

切るか切られるかの世界でしたから・・・

と考えると、平和な現代ではそこまで必要ではないと言えるのでしょうか

 

 

ちなみに、ある職業の男性には占いを信じる人が多いそう。

「現代でも会社の経営者や政治家、スポーツ選手などは、お抱えの占い師がいる人も少なくありません。名誉や成功、勝利を掴もうとしているからでしょうね」(同)

 では女性が占い好きなのはなぜでしょう? 「名誉」や「勝利」にはあまりこだわらなさそうな気もしますが…。

 

 

そうかもしれません。

男女問わず、経営者は比較的占いを信じている人も多いのではないでしょうか

そんな私もその一人(笑)

あっでも、良いことしか信じないタイプですが

 

 

「女性が占い好きなのは、精神的な満足を得たいからだと思います。占いに来た女性の多くは恋愛の悩みを抱いています。また、『いつになったら好きな人と結ばれますか?』『あの人の気持ちは私に向きますか?』など、相手の気持ちを知りたいという質問が多いんです。占いが理想の結果に導いてくれることを期待しているんですね。一種のカウンセリングと言えます。結果が信頼できるかどうかに重きを置く男性と比べ、女性は将来を託す傾向があるので、占いへの垣根が低いのでしょう。現代、女性にはタロットが人気ですが、それはカードをシャッフルできたり、引くカード次第で意味が変わったり、人の手によって運命が変えられる部分がウケているんだと思いますね」(同)

 

 

ということは、精神的に満足を得ている人は、占いを必要としていないということが言えるかもしれませんね。

占いの良いところは、全く他人の第三者に悩みを打ち明けられることなのかもしれません。

身内や親友には相談できないということもありますから・・・

ただ、何事も自分で考えず占い師に指示を煽ってばかりいたのでは、良い結果は得られないと思います。

結局、最終的に決断するのも実行するのも自分ですからね。

 

 

確実な結果を求める男性と、希望の答えを出してもらおうとする女性。信じるか信じないかだけでなく、男女で占いの使い方が違うため、関心度も変わるんですね。なんだか奥が深いなぁ。

 

 

まぁ、男性の皆さんは、女性の占い好きを、摩訶不思議と感じているかもしれませんが、そもそも思考の違いと思って許してあげてください

 

 

 

株式会社エム・ブリッジ

〒102-0085 東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル1F
電話 03-6821-9402
営業時間:火~金11:00〜20:00
土日・祝日 11:00〜18:00(祝日が月曜日の場合は、お休みとせていただきます)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/10xUn15
  • facebook
  • twitter
  • mixi