ブログ

ブログ詳細

自分の中で譲れないものとそうでないものの区別をきちんとつけることが大切!


こんばんは

Mbridgeです。

 

今日もとっても良いお天気でしたね。

街はクリスマスイルミネーションが綺麗ですが、あちらこちらで選挙演説が始まっています。

気付けば、今週末が投票日なんですよね。

正直、誰に投票するか全く決まっていませんが・・・

こんな短期間で「誰かに決めろ」という方が無謀な気がしてなりません

 

 

ところで今日は、Peachyより

 

“成長できる恋愛”ってどんな恋愛?

 

news.livedoor.com/article/detail/9551834/

 

誰もが、「成長できる恋愛がしたい」と思っているのではないでしょうか

まぁ、恋愛に限らず人間関係において成長できる関係が理想ではありますよね。

では、成長できる恋愛とはどんな恋愛を言うのでしょうか

 

 

「“成長できる恋愛”とは、恋人と一緒にいることで自分の中に芽生えた違和感に耐えて、それを解消することです。皆さん意外と忘れがちなのですが、自分と全く同じ人間なんていないんですよ。みんなさまざまな生活の中で育ち、違う文化背景を持って、今があります。ですので、その人が持っている常識とかルールは全員違うんです。それぞれ違うルールを持った男女が付き合っていくということは、自分のルールを通せる場合もあるけれど、相手のルールを受け入れなければならない場合もあります。その相手のルールを受け入れることで、今までの自分が少し変化します。それが、“成長する”ということです」

 

 

なるほど・・・

とかく、人は「ありのままの自分を受け入れてくれる人が良い」と思いがちです。

(そう言えば、今年はそんな歌が流行しました)

もちろん、何も努力をせずにお互いがお互いを自然に受け入れる関係が理想ではありますし、そんなカップルもごくごく稀にいるかもしれません。

でも大抵は、ここでいうように、多くの人が相手のルールを受け入れ今があるように思います。

逆に受け入れられないからこそ、今があるとも言えるかもしれませんね。

 

 

それでは、恋愛で成長するには、どうすればいいのでしょうか?

「まず、相手の行動や言葉に違和感を覚えたら、そのことに対して自分が受け入れられるか、ダメなのかをしっかり考えること。なんでも『NO』だったら単なるわがままになってしまうし、反対にすべて『YES』だったら彼氏の操り人形になってしまいます。マストとウォントの違いをはっきりさせて、自分の中で譲れないものとそうでないものの区別をきちんとつけることが大切です。そして、相手の意見を聞き、自分の意見と相手の意見のすり合うところや交差しそうな箇所を考えます。その上で行動すると、少し順序があって手間はかかりますが、芽生えた違和感もスムーズに受け入れられると思います。また、紙に書いてみると物事が冷静に考えられるので、書き出して整理するのもおすすめです」

 

 

本当にその通りですね。

なんでも『NO』でもダメですし、『YES』でもダメです。

意外と自分の中で譲れないものが何なのか、明確でない人も多いのではないでしょうか

最初は気に障ることも、自分の中で消化することによって、気にならなくなることも意外と多いのかもしれません。

 

よく考えれば、20年、30年、40年・・・

違う環境で育ち、生活してきたわけですから、常識やルールが多少違うのも仕方がないことなんですよね。

だからこそ、同じ環境で育った2人が意気投合するというのもわかるような気がします。

また、「育った環境が違うんだから、違って当たり前」位に思っていた方が、お互いに成長できる関係が築けるのかもしれません。

 

株式会社エム・ブリッジ

〒102-0085 東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル1F
電話 03-6821-9402
営業時間:火~金11:00〜20:00
土日・祝日 11:00〜18:00(祝日が月曜日の場合は、お休みとせていただきます)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/10xUn15
  • facebook
  • twitter
  • mixi