ブログ

ブログ詳細

「単純接触効果」とは?


こんにちは

Mbridgeです。

 

今日も寒いですね。

そして、どうやらインフルエンザが蔓延しているようなので、皆さまくれぐれもご注意ください。

私は、もう何年も前から、通勤ではマスクを着用しています。

そのおかげもあってか、インフルエンザにはかかりません(元々免疫力があるのかもしれませんが・・・)。

やはり、予防は重要ですよね。

 

 

ところで今日は、Peachyより

 

自然と距離を縮められる心理的な法則と3つのポイント

 

news.livedoor.com/article/detail/14156829/

 

男女共に言えることですが、恋愛に限らずとも人との距離を縮めるのが上手な人と、下手な人っていますよね。

一般的に職種で言えば、営業職の方は上手だし、SE・PG系の人は下手だと言われています。

もちろん、みんながみんなと言うことではありませんが・・・

ただ、恋愛においても仕事においても人との距離を上手に縮められる人は、得なんじゃないかなと思います。

ということで、今日は、恋愛において自然と距離を縮められる法則があると言いますから、ちょっと見てみましょう。

 

 

単純接触効果

大胆に声をかけたり興味をひくようなアプローチだったり、そんなの必要ありません。まずは、相手と距離を縮めることが先です。

その方法が、アメリカの学者・ザイアンスが発見した「単純接触効果」になります。これは、「会う回数が多い相手には無意識に好感をもつようになる」という心理的な法則。

人間は、同じものを何度も見たり聞いたりしているうちに脳が誤作動を起こし、「自分と相性が良い」と勝手に思い込む習性があり、やがて親近感へと変わるそうです。

 

 

なるほど・・・

皆さんも経験ありませんか

偶然会うことが重なると、「運命かも」なんて思うこと。

ただの偶然ってことの方が多かったりしますけど(笑)

 

 

また、ミシガン大学の心理学科・スーザン博士の実験でも、1回より3回、3回より5回、5回よりも10回というように会う回数が多くなるほど、その相手に好感をもつことが判明しています。

 

 

デートもそうですが、あまり間を空けずに回数を重ねる方が効果的っていいますしね。

よく、1回や2回でNGを出してしまう人がいますが、そういう人の婚活がなかなか上手くいかないのもわかるような気がします。

 

 

大切な3つのポイント

しかし、ただ単に顔をあわせるだけでは不十分。できるだけ親密に距離が縮まるように、次の3つを心がけて意識しましょう。

 

■ポイント1 <印象を悪くしない>

悪い印象を与えると相手にネガティブな感情が生まれ、会えば会うほど逆効果になってしまいます。単純接触効果では、印象を悪くしないことが鉄則。

たとえばイメージの良い芸能人であれば、それまで気にもしていなかったのに「よくテレビで見かけるようになった」という理由だけで不思議と好感をもつようになりますよね。

反対に、芸能人がトラブルを起こして何度も報道されているのを見ると、だんだん悪い印象に変わっていくのも単純接触効果が影響しているからです。

これは、恋愛でも同じ。よく会う相手には自然と警戒心が薄れていき、無意識に好感をもつようになり距離が縮まるわけです。

印象を悪くしないためには、挨拶や礼儀、言葉づかいや明るい表情など、当たり前のルールに気をつけて接するよう心がけましょう。

 

 

確かにその通りかもしれませんね。

芸能人の浮気の釈明会見は、最たるものだと思います。

それによって、画面から消えていく人もいれば、笑いに変えて、何もなかったかのように出ている人もいます。

あとは、元々のイメージも大切かもしれませんね。

良いイメージだった人がトラブルを起こすと、人は勝手に裏切られた気持ちになるのでしょう。

ということで、当たり前のルールというのは、人それぞれ若干違うところではありますが、明るく接するというのは、何より大切かもしれません。

 

 

■ポイント2 <会えなくても大丈夫>

できるなら、顔を毎日あわせられるとベスト。しかし、実際には難しい話。そこで活用したいのがLINEやメールといったコミュニケーションツール。

ただし、長々とした内容や質問形の内容は好ましくありません。シンプルに、足跡を残せるくらいの内容で完結するのがポイント。

あくまでも、“単純に接触する”という意味を忘れずに! たとえば、「今日は雨が降るらしいから傘があると便利かも」とコンパクトにLINEするだけでOKなのです。

 

 

これはとても重要かもしれませんね。

読むのが面倒な位の長文や、返信を強要するような文面は良くないということでしょう。

前にTVで、メールは3行位がベストというのをやっていたのを記憶しています。

相手のためになったり、励まされるようなメール=もらってうれしいメールを送るように心がけると良いでしょう。

 

 

■ポイント3 <とにかく頻度が大切>

「どれだけ長い時間を一緒に過ごしたか」よりも、「どれだけ相手の意識に頻繁に触れたか」が最大のポイント。つまり、顔をあわせる時間は短くてもいいから会う頻度が大切なんです。

1ヶ月に1回会って長い時間を過ごす関係よりも、1週間に1回くらいのペースで15分会う関係の方が単純接触の効果が出て、グッと距離が縮まりやすくなります。

メールやLINEも同じ。長々とした文章でインパクトを与えるよりも、シンプルにコンパクトな内容で頻度を重ねることが大事。1日2回を目安にすると効果的ですよ。

 

 

メールやLINEの送り過ぎも一歩間違えればストーカー扱いされますから、注意が必要ですね。

朝と晩と決めて送れば、そんなに相手に負担にならず、良い効果を与えられるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社エム・ブリッジ

〒102-0085 東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル1F
電話 03-6821-9402
営業時間:火~金11:00〜20:00
土日・祝日 11:00〜18:00(祝日が月曜日の場合は、お休みとせていただきます)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/10xUn15
  • facebook
  • twitter
  • mixi